姿勢を整えるロルフィング®とは



身体が適切に機能し始めるとき、重力フォースの流れが解き放たれる。

すると身体は自然に癒され始める。

〜アイダ ロルフ博士の言葉 Gospel of Rolfingより〜

1、ロルフィングのセッションについて

ロルフィングは、独自の手技を通して筋膜(結合組織)への働きかけと、知覚機能をとおしての主体的な参加による共同作業により、身体の中心空間(あるいは中心軸)の存在に気づき、中心空間(あるいは中心軸)に沿って重力の流れをつくる事で、姿勢の統合へと導く身体教育的側面のあるセッションプログラムです。

10のテーマでシリーズが構成され、順を追って身体と重力とが調和しながら姿勢統合のプロセスを定着させていくのが特徴です。

重力に対して姿勢統合が始まると、健全な姿勢の自己調整の精度が高まります。その結果として、身の置き所が見つけられたり、長時間の姿勢保持がつづいても疲れていない事を感じられるようになるといわれています。

2、アイダ ロルフ博士とロルフィング

ロルフィングは、身体の構造的統合の技法(「地球の重力に対して一番無理のない姿勢を取り戻す方法」)として、アイダ ロルフ博士が理論をまとめ実践していたものです。

 

創始者であるアイダ ロルフ博士は1896年 ニューヨーク生まれ。

コロンビア大学 医学部(生化学の博士号を取得)を卒業後、ロックフェラー研究所での研究を経てスイスの工科大学で数学と原子物理学を研究した女性です。


 

 医学の枠組みのみならず、ホメオパシー、オステオパシー、カイロプラクティック、密教(タントラ)、ヨガ、アレキサンター法、コージプスキー理論などを勉強し、従来の医学での治療は完了とされていた慢性的な不具合のある人々を手当てをしていました。

 

1950年代頃より“Structure Integration(身体の構造的統合法)”として理論と技法を、医療関係者を中心とする彼女の生徒たちに教え始めました。

ロルフィングの由来は、その時の生徒たちが、敬意と親しみを込めて彼女の名前にちなんで名付けられました。

 

1960年代〜彼女のワークの評判の高さは徐々に広まり、F・パールズ A・マズロー W・シュルツ等でにぎわっていた米国カリフォルニアのエサレン研究所に招かれて“ロルフィングStructure Integration(身体の構造的統合法)”の理論と技法を指導し始めるようになります。

それが転機となり、科学的な研究が行われ効果が示され、ヨーロッパや南米にも広く知られるようになっていきます。

 

1971年に、ロルフィングの普及と施術者の育成を目的に米国コロラド州ボルダーに「ロルフ研究所」が設立され、今日に至っています。

3、ロルフィングのユニークさ

ロルフ博士の理論のユニークな点は3つあります。①筋膜(結合組織)の可塑性と伸縮性にいち早く着目したこと ②身体全体の重力バランスと重力との関係性に着目していること。③部分の機能と身体丸ごとの調和に着目していることです。

例えば、慢性的な不具合を持つ人の①筋膜組織に働きかけ、②修復して身体の重力バランスを調整する。


その結果、③重力バランスが身体全体として取れた姿勢となる。その統合された姿勢は内なる健やかさと可能性を産み出す土台となり、それぞれが洗練され続けながら、全体としてまとまっていく複合体として変化統合し続けていくものとしてとらえています。

 

常に絶え間なく作用している重力に対して、身体の構造や動きだけではなく、心の姿勢をも柔軟にさせ、身体表現のskill(日常生活での姿勢・動きやパフォーマンスなど)の基礎となる“身体の構造と機能“への理解と気づきを深めると注目され、それが大いに役に立っています。

 

慢性的な不具合を抱える方のみならず、スポーツ選手・チアリーダーや舞踏家などの身体を使っての表現の質を磨いてゆきたい方や、自分で自分の身体をハードに使いながらも根本的に細やかにケアしメンテナンスする方法を知りたい方、生涯自立(自律)した身体で存分に生きりたいと願う人達に最適なセッションプログラムです。

ロルフ博士は、伝統的な医学を基に、その枠にとどまらず“人は本来ホリスティックな存在”として、人間の健やかな姿勢やあり方を追求し、新たな身体の健康の起点をつくり上げたのです。

4、ロルフィング:姿勢統合のための10のテーマとシリーズセッション

ロルフィングの独自なセッションの方法として、シリーズでセッションが組み立てられているのが特徴です。
姿勢統合の10のテーマを身につけるため、10シリーズセッションとポストシリーズセッションの大きく2つから構成されています。

 

姿勢統合の仕組みを身につけるのための10のテーマ

表層Phase
session1:呼吸
  呼吸への気づき
session2:足のゆびと足のウラ
  足からのサポートとグランディングの基点
session3:体側ライン
  グランディングの流れ始まる
深層Phase
session4:骨盤・脚
  リフトアップの源泉
session5:腹部と胸部
  最深(芯)部に出会う
session6:尾骨〜頭部
  縦のつながりと自由
session7:鼻・口・頭
  リフトアップの到達点
深層Phase
session8:構造と機能
session9:空間と方向
session10:自由さ
(その方のお身体の特性にあわせて調合)
  • 10シリーズセッションは、各筋膜の層や身体の構造と機能のそれぞれが調和していくこと、重力の通る環境を整えること、身体の中心空間への気づきを深めることなど、10のテーマを10〜12回又は14回のセッションを通して育てていきます(回数が10回ではなく10のテーマが身に備わるようにプロセスがデザインされています)。
  • ポストシリーズセッションは、10シリーズを経験した方向けのセッション。
    より細やかな機能と姿勢構造の統合を目指したい方むけのセッションとしてのロルフムーブメント™コースが設けられています。
  • 10シリーズセッションの実際
    姿勢統合を果たすのに、10回で全てが身につく人もいれば、少しプラスして整える必要がある方もいます。シリーズセッションの回数としては10〜12回とされています
    また、構造と機能の調和を図るためロルフムーブメントを10シリーズの各Phaseの節目で4回組み合わせる14回コースなどがあります。

(参考文献)

1) Ida Rolf 著『ROLFING PHYSICAL REARITY』Healing Arts Press

2) グラバア俊子 著『新ボディーワークのすすめ』創元社

3) 藤本 靖:『総説』ロルフィング概説  An out line of Rolfing. 日本補完代替医療学会誌 第2巻 第1号:37〜43,2005 

 


ロルフィングで姿勢が整うメカニズム

ロルフィングは、常に作用している重力を身体の中に受け入れ通す仕組みを身体の中の環境として育ていく教育的な特色があります。

姿勢矯正や歪みの修正との大きな違いは、身体構造の統合という新しい観点で身体をとらえて、自覚的に、動いて感じて受け入れて身につけくいるところです。下図のチャートのように変化統合のサイクル巡り始めます。そして身体の内部環境として定着します。さらに統合されて整った姿勢は統合のプロセスを繰り返しながら永続的に続いていきます。


なぜなら、重力は、途切れることなく、常に作用しているからです。
姿勢の変化から統合へ、そして統合からさらなる洗練へとプロセスが進んでいきます。

ロルフィングの重力と調和した姿勢が身に備わるメカニズムのチャート

しずく堂のロルフィングを体験下さった皆様の貴重なお声をもとにチャートとしてまとめさせて頂きました

 

ロルフィングの重力と調和した姿勢が身に備わるメカニズムのチャート